Menu

覚えておくべきこと

2016年10月11日

権利関係の問題は、多くの人にとって関係ないと思えることであれば、あまり把握していないことも多いかもしれません。確かに、借地権に関してもあまり関わる機会は少ないでしょう。しかし、知っておくことは損にはならず、いつか必要となった時の為に知識だけでも身に付けておくことは役に立ちます。実際に、この借地権を巡ってのトラブルも発生しています。先ほど挙げたように、借地権は既に旧法とは異なったものとなっています。しかし、旧法の時に契約した借地権が、いまだに解消されていない場合、それを新しい法律上での借地権で契約するためには、今結んでいる契約を解消してから、また新たに契約しなおさなければなりません。また、借地権は相続することができますが、その相続に関しても、トラブルが発生することがあります。こう考えると、他人事ではないような気もしてきます。

法律はどんどん改正されていきます。現行の法律もいつ改正されるか分かりません。私達国民にはいくつかの選択肢がありますが、それらの意志が反映されるという保証もありません。ですから、こういった基本的なことだけでも、普段の生活には関係ないとしても、覚えておくならためになることでしょう。

未分類

旧借地法との違いとは?

2016年10月09日

普通借地権の他にも、どのような借地権の種類があるのでしょうか。その一つが、『定期借地権』です。さきほどの借地権との違いは、こちらは契約年数が長い分、更新が無いということです。アパートやマンションを借りる時、更新を行わないということはそこに住めなくなる、ということです。同様に、借地権も更新が無いということは、借りている土地に関して、貸主へ返還しなければなりません。これは当然のことです。また、こちらの定期借地権では、建物買取請求権は認められていません。その分、土地代が安い等のメリットがあります。自己借地権と、定期借地権にはこのような違いがあります。そのほかに、土地を所有している権利に最も近い、地上権という権利もあります。

さて、家という存在が昔からあったように、この『借地権』のような権利に関する法律は以前から存在していました。ただし、現在施行されている借地権とは、少し異なったものとなっていました。例えば、現在施行されている借地権は、土地を貸している側が、契約を打ち切ることができやすくなりました。旧借地法では、貸主が借地権を解約させることが非常に難しかったため、この分双方にとって公平な権利に変わった、と言えます。

未分類

借地権の種類とは?

2016年10月07日

人が生きる上で必要なのが家です。どのような形態の住宅であるとしても、私達はほとんど例外なく住居に居住しています。そうすることによって、生活を送ることができています。その住居は、誰かから借りた土地に建てられているものであることが多く、それを考えると私達と借地権という問題は関係なくは無い、ということが分かります。まず、借地権にはいくつかの種類がある、ということを考えてみましょう。借地権には、主に『自己借地権』、『定期借地権』、『地上権』などの種類があります。これらはそれぞれ特性があり、用いる場面も異なってきます。しかしそれぞれは独立した契約上で結ぶものですので、覚えておく必要があります。

まず、自己借地権、これは借地権におけるもっとも一般的な権利と言えます。通常、私達がアパートやマンションを借りるときは、2年、3年毎などに、更新があります。更新することによって、今後もその住居にすむことができます。同様に、土地の賃貸…借地権にも更新があり、この自己借地権はその対象となります。また、この借地権は、『建物買取請求権』という、契約が満了した際に所有する建物を買い取ってもらうことのできる権利が認められています。

未分類

借地権とは何か?

2016年10月02日

認められている権利は、それが必要であるからこそ認められている、と言えます。私達は自分たちの生活に関わっている権利のことは良く知っているかもしれませんが、それ以外の権利に関しては、あまり知らないことも多くあるかもしれません。しかし、今回取り上げる、一見聞きなれない権利については、私達と無関係とも言えない権利です。それが、『借地権』です。土地の売買などを行っておられる方は、既に何度も聞きなれた言葉かもしれません。借地権とは、いわゆる『他人の土地を、借りることのできる』権利のことです。例えば、私達のほとんどは、自分の土地というものを持っていません。ですから、本来であれば家は建てることができないのです。そこで、家を建てるためには、家を建てたいと思っている土地の所有者から、土地を借りる必要があります。そうして初めて、家を建てることができるのです。ここで行使されるのが、『借地権』です。詳細についてはまた次のページから説明しますが、そういった場合に必要な権利のことを指します。

借地権は、今説明したように、建物などを所有する目的で発動します。これは、いわゆる土地を『賃貸』しているようなものであり、アパートやマンションなどを借りている時と同様、賃貸料のようなものを支払う必要性があります。この権利には、様々な規定があるのですが、細かい規定は抜きにして、大雑把な部分だけでも知っていただけたら、と思います。

未分類