覚えておくべきこと

権利関係の問題は、多くの人にとって関係ないと思えることであれば、あまり把握していないことも多いかもしれません。確かに、借地権に関してもあまり関わる機会は少ないでしょう。しかし、知っておくことは損にはならず、いつか必要となった時の為に知識だけでも身に付けておくことは役に立ちます。実際に、この借地権を巡ってのトラブルも発生しています。先ほど挙げたように、借地権は既に旧法とは異なったものとなっています。しかし、旧法の時に契約した借地権が、いまだに解消されていない場合、それを新しい法律上での借地権で契約するためには、今結んでいる契約を解消してから、また新たに契約しなおさなければなりません。また、借地権は相続することができますが、その相続に関しても、トラブルが発生することがあります。こう考えると、他人事ではないような気もしてきます。

法律はどんどん改正されていきます。現行の法律もいつ改正されるか分かりません。私達国民にはいくつかの選択肢がありますが、それらの意志が反映されるという保証もありません。ですから、こういった基本的なことだけでも、普段の生活には関係ないとしても、覚えておくならためになることでしょう。