旧借地法との違いとは?

普通借地権の他にも、どのような借地権の種類があるのでしょうか。その一つが、『定期借地権』です。さきほどの借地権との違いは、こちらは契約年数が長い分、更新が無いということです。アパートやマンションを借りる時、更新を行わないということはそこに住めなくなる、ということです。同様に、借地権も更新が無いということは、借りている土地に関して、貸主へ返還しなければなりません。これは当然のことです。また、こちらの定期借地権では、建物買取請求権は認められていません。その分、土地代が安い等のメリットがあります。自己借地権と、定期借地権にはこのような違いがあります。そのほかに、土地を所有している権利に最も近い、地上権という権利もあります。

さて、家という存在が昔からあったように、この『借地権』のような権利に関する法律は以前から存在していました。ただし、現在施行されている借地権とは、少し異なったものとなっていました。例えば、現在施行されている借地権は、土地を貸している側が、契約を打ち切ることができやすくなりました。旧借地法では、貸主が借地権を解約させることが非常に難しかったため、この分双方にとって公平な権利に変わった、と言えます。